本の和訳を疑問に思って問い合わせてみた

翻訳手法に関する本を読んでいたのだが、ある和訳した文を読んでどうも意味が分からない。その文はコンピュータウイルスに関するものだった。原文を読んでみたら、これは誤訳じゃないかと気づいた。そこで出版社にメールで問い合わせてみた。すると編集者を介して執筆者から返信があり、曰く誤訳ではなくこちらが翻訳の意図を読み切れていないとのこと。そんなことはないと数回やりとりしたが、あんまり噛み合わなかった。途中で気づいたのは、執筆者側は文中で扱っている技術的な知識がそれほどないのかもしれないということだった(一応IT技術書の翻訳をしていた経歴があるようなのだが)。その知識不足が原因で事実に則さない文にしてしまっていることに気づいていない。そしてあまりこちらの説明を理解しようとしている気がしない。諦めてメールを終わらせた。

著者の方はベテランなので、マジでこちらが英語を読めていないこともあるかもしれないが、いずれにせよ双方納得できていない形で終わってしまったのでモヤモヤする。機会を見つけて第三者にも意見を聞いてみよう。