部下主導でミッション達成してもらい、ついでに成長してもらう

ボトムアップ組織のマネジメントとは何なのか」 https://medium.com/@koichirohonda/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97-%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88-df61048cda68

この記事を読んで、自分のコンテキストに沿ってまとめなおしました。結構言葉を足したりしています。意訳です。

  • 解決する価値のあるミッションを見つけるのは上司の仕事
  • ミッションを解決するのが部下の仕事

上司は、部下に良い解決方法を見つけて成果物を出してもらうのが目的。

上司の行動アンチパターン

  1. 認識伝達に失敗している。
    目的、やる意義、最終的な成果物のイメージ、これらは間違いなく認識してもらう必要がある。
  2. 誰がどの範囲をやるのかはっきりさせない。
    役割分担は俯瞰できる上司がやる。はっきりさせないと部下は混乱して衝突して萎縮する。
  3. 自分で時間を管理させない。
    指示待ちになりがち。
  4. 介入しすぎる
    レビュー以外しない、自分で考える機会を奪わない、必要な情報を制限しない。 プロセスに致命的なところがなければ文句はつけない。失敗させるときはさせる。

失敗条件

  1. 部下が目的や成果物の完成形を理解できていない。
  2. 部下が、アタマは上司だと認識し、自分で考えなくなる。

まとめ

ミッションと責任を与えて質の高い成果物を出させましょう。失敗の経験も価値があります。
自分の頭で考える部下に成長したら大成功です。

補足

冒頭の

解決する価値のある問題を見つけるのは上司の仕事
ミッションを解決するのが部下の仕事

ってのは使えそうな視点だと思いました。
解決する価値のある問題を見つけることができる"上司"を育てましょう、
ミッションを解決できる"部下"を育てましょう。
育成段階を考える手助けになりそう。