最近のタスク管理

仕事柄、複数のプロジェクトから発生するたくさんのタスクを並行してこなしている。タスク管理の手法なんてのは定番が決まっていて、単純なTODOリストやGTD等、ネットや本で調べて真似するのがいいだろう。(最初から自己流を混ぜるのは、本質が分からなくなるので良くない)

GTDは単なる複雑なタスクリストではない。
全てのタスクを洗い出し頭の中を空にすること、定期的に振り返りの時間を設けることが一番良いポイントだと思っていて、生産性を上げ、創造的な仕事に繋げるように仕組み作られている。
自分もしばらくGTDの流儀に従っていた(3段トレイまで用意した)んだけど、習慣化の難しさがあり、飽きがきた。振り返りをしなくなって、死蔵タスクばかりになった。振り返りは意外と頭に負荷がかかる。せっかく頭を空にしたのにまた見返すなんて!

今はちょっと考え方を変えて、自分でタスク全てを管理しないようにしている。つまり、自分以外の他人ができるタスクならすぐに他人に振る。または会社のチームで使っているRedmineやカンバン等の作業管理ツールにタスクを追いやるよう努力する。チームのスタックに積んでおけば、チームメンバーの誰かか自分がいつか消化するだろう。まあつまりそういうスタックが存在して管理されている必要があるんだけど。
できるだけ他所に押し付けた上で残った自分で優先的にやるタスクはTrelloで管理し、リストの数はなるべく少なくするようにしている。

  • Inbox : 思いついたことをひたすら放り込む
  • TODO Today : 今日やること。朝これを作ってから作業を開始する。

あとは仕事用とプライベート用のリストで分けたり。
しばらくこんな感じでうまくいっている気がする。創造的な仕事ができているかは怪しいな。

次この方法も飽きて面倒臭くなったら、「忘れるようなタスクは重要ではない」を採用して全て忘れる予定。