シンプルさの指標

プロダクトデザインにおいて語られるシンプルさは、「人と接触した時にアフォーダンスが認識される速さ」で測れるものを言うようだ。この指標に従って、余計なものを削ったりsignifierを置いたり共通認識を利用したりする。

我々プログラマが普段行っているデザイン行為といえば、プログラム設計だ。複数人でのプログラミングにおいてコードの理解しやすさが最重要視され、デザインパターンドメインモデル等は共通認識を築く役目を果たす。KISS(Keep it simple, stupid) の原則を筆頭に、プログラミングに関するシンプルさを保つための原則は多い。これらをプログラム設計以外のデザイン行為時に考えてみても面白いのかもしれない。

シンプリシティの法則 | ジョン マエダ, John Maeda, 鬼澤 忍 | 本 | Amazon.co.jp
Amazon.co.jp: 複雑さと共に暮らす―デザインの挑戦: ドナルド・ノーマン, 伊賀聡一郎, 岡本明, 安村通晃: 本

次はこれ読もうかな。
Amazon.co.jp: クリストファー・アレグザンダーの思考の軌跡―デザイン行為の意味を問う: 長坂 一郎: 本