数学入門書等で、公式を紹介した後「必要になったら導出できるため暗記する必要は無い」などと書かれているのをよく見る。
筆者は何らかの思いがあってわざわざこう書くのだろうか?丸暗記至上主義への批判?

追記
数学ガールの索引に「導出」があった。
P88

「数式の導出は、最初から暗記しようと思っていては、かえって身に付かない。まずは、自分の手を動かして理解することが大事なんだ。理解しないうちに暗記するというのは、普通ありえない」

P132

最初からこのような展開式を提示してもなかなか覚えられない。でも、自分の手を動かして導出した経験があると、覚えることはそれほど難しくない。いざとなったら自分で導き出せるようになるまで練習すると、いつのまにか覚えていて、導出の必要がなくなる―というのは逆説的だけれどおもしろい話だと思うね。

数学ガール (数学ガールシリーズ 1)